読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることを諦めないこと

本当の言葉を書きます

戦時の責任

戦中の強制連行
不安と同情、率直に 送還元担当の手記
毎日新聞 2016年1月12日 07時35分(最終更新 1月12日 07時35分)

残されていた手記。タイトルに「華人(中国人)工員本国送還記−太平洋戦争のあとさき」とある=隅俊之撮影
残されていた手記。タイトルに「華人(中国人)工員本国送還記−太平洋戦争のあとさき」とある=隅俊之撮影
 「彼らも父母妻子に囲まれただんらんの中の一員だったはず」。秋田県尾去沢鉱山に強制連行された中国人を戦後、送還する業務を担当した元三菱鉱業(現・三菱マテリアル)社員の手記。克明な記録には中国人からの報復があるのではという不安とともに、異国の地に連れてこられた中国人への率直な思いも多く記されていた。【隅俊之、小泉大士】

中国人と心の交流も

 手記を書いた高松信造氏(1992年に71歳で死去)の長女、斉藤久美子さん(61)=東京都=が遺品の中から見つけた。旧満州にいた43年から送還を終えた45年12月までの経緯が記されている。


 戦後、外務省に提出された「事業所報告」によると、尾去沢鉱山で強制労働させられた中国人は493人で、78人が死亡した。鉱山で目にした中国人について高松氏は、うつろな目をして物言わぬ姿から「喜び勇んで自主的に応募したとは思えない」と記述。同情心に近い心境で見ていたことがうかがわれる。

 ただ、誰に送還業務を命じるかを決める会社の会議は「沈痛な」雰囲気だった。最終的に強制労働に直接関与した者や妻子のある者などは外され、当時24歳の独身で旧満州での軍歴もあった高松氏に業務命令が出た。

 船では中国人労働者を統率していた隊長役の中国人へのリンチ事件が発生。頭から血を流しながら逃げてきた隊長を見て「暴動の前兆か」と緊張が走った。隊長は鉱山側と中国人との折衝窓口だったことから「日本側にべったりの姿勢に見えたらしい」と記している。船中で死亡した5人のうち3人は水葬にした。「半旗も掲げられず、葬送曲もなく、ないないづくしの簡素な送りだった」という。

 一方で、手記からは心の交流があったことも垣間見える。高松氏は到着前日に中国人労働者の副隊長役だった中国人に呼び止められた。倉庫前に案内され、棒立ちの高松氏に副隊長はたどたどしい日本語で言ったという。「長い間、ご苦労さんでした。差し上げるものもないが、御礼の印にこの小麦粉を引率の皆さんに差し上げたい」

 小麦粉は「彼らの主食」として積み込まれたものとみられ、高松氏は「涙がうっすらとにじむのを覚えた」。鉱山で亡くなった同胞の遺骨を抱えて上陸していく中国人を見つめながら「幸多かれ」と心の中で叫んだと締めくくっている。

 国文学研究資料館の加藤聖文准教授(日本近現代史)の話 強制連行訴訟では賠償責任の有無が争われたため企業は時効など法律論に徹し、事実関係は極力、話さないという意識が強かった。それだけに手記は歴史検証の一つの手がかりになる。ただ、若い世代を中心に歴史への関心が低くなり、強制連行問題も社会の記憶から消えつつある。手記が見つかっても遺族もその価値に気付かずに捨ててしまう可能性がある。記憶が世代間で分断されるのは、同じことを二度と繰り返さないという意味で大きな損失だ。こうした手記や証言がさらに発掘されることを期待したい。

8
Timeline
0
0
30代独身、嫁ほしい。こんなかわいい彼女と…【俺が結婚できた理由】
アメリカ・アジア・ヨーロッパなど年収1,000万円以上の海外求人多数
あなたの愛車は今いくら?45秒カンタン入力で今すぐ査定開始!
今、月収35~50万円の求人増加中。2月・3月の転職をお考えの方は必見
関連記事
強制連行被害者なぜ賠償請求?
「中国人は栄養失調でやせ衰え、よろよろ歩いていた」…過酷な労働、語り継ぐ
上海の中学2年生、日本軍に捕まり炭鉱へ そこは、地獄だった
中国、和解ムード演出 法廷外で解決図る
「侵略タブー」は保守の証しなのか
関連キーワード
東京都速報国際

話題の記事
 戦中の強制連行
中国人送還元担当の手記「報復に恐怖」
日中戦争時の中国人強制連行で、秋田県にあった三菱鉱業(現・三菱マテリアル)の尾去沢(おさりざわ)鉱山…
 あなたと家族へ 女性が学ぶがん情報
なぜ、乳がんは増えているの? 予防はできる?
 訪問販売
悪徳業者、社名変え継続 規制追いつかず被害
powered by  
Recommended by
あなたにオススメ
(レコメンドシステムによる記事選択)
 ビキニ被ばく:労災申請へ 福竜丸以外、がん発症元船員ら
ビキニ被ばく:労災申請へ 福竜丸以外、がん発症元船員ら
2016年01月11日 21時46分
 戦中の中国人強制連行:送還元担当の手記 「報復に恐怖」 秋田の三菱鉱山
戦中の中国人強制連行:送還元担当の手記 「報復に恐怖」 秋田の三菱鉱山
2016年01月12日 03時15分
北海道比布町:「ピップ」CM再現 ネットで再生2万回超
2016年01月12日 02時27分
中国:「北朝鮮に核必要か」毛沢東主席、開発協力に難色
2016年01月12日 07時30分
 「ハム」と「ベーコン」の違い
「ハム」と「ベーコン」の違い
2015年08月21日 00時00分
その他のオススメ
(外部サイトへリンクします)
 SFの世界だった「量子コンピュータ」が現実化する!?
SFの世界だった「量子コンピュータ」が現実化する!?
(TIME & SPACE by KDDI)
おすすめ情報
心と体の疲れを癒す旅へ
しもつけの薬湯板室温泉
 今、不動産が高値で売れる!?
無料一括査定今すぐ確認
 心から気に入る家探し
理想の条件は何ですか?
 アメリカ・アジア・ヨーロッパ
海外で活躍したい方必見!
 朗報!無料アプリTOP10出揃う
スマホを使いこなそう!
ランキング
1 戦中の強制連行
不安と同情、率直に 送還元担当の手記
2 成人式
「出産適齢期の皆さんに期待」浦安市
3 有料記事 戦中の強制連行
中国人送還元担当の手記「報復に恐怖」
4 不妊治療助成
初回30万円 男性手術には15万円
5 NHKアナウンサー
危険ドラッグ所持容疑で逮捕
 
PC版で見るサイトポリシー利用規約著作権個人情報特定商取引法に基づく表示リリース
会員登録のご案内
お問い合わせ(FAQなど)
毎日新聞のニュースサイトに掲載の記事・写真・図表など無断転載を禁止します。著作権毎日新聞社またはその情報提供者に属します。

 
Copyright THE MAINICHI NEWSPAPERS. All rights reserved.

不安と同情、率直に 送還元担当の手記
残されていた手記。タイトルに「華人(中国人)工員本国送還記−太平洋戦争のあとさき」とある=隅俊之撮影
残されていた手記。タイトルに「華人(中国人)工員本国送還記−太平洋戦争のあとさき」とある=隅俊之撮影

閉じる