読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることを諦めないこと

本当の言葉を書きます

人間の建物内にもつイメージをインショウツケルハナシ

ヒトラーの 生家、 取り壊しへ オーストリア 政府、 聖地化防止で
 

 
オーストリアのブラウナウ・アム・インにあるアドルフ・ヒトラーの生家(2015年4月17日撮影)。
【AFP】オーストリア政府は17日、同国北西部ブラウナウ・アム・インにあるナチス・ドイツの指導者アドルフ・ヒトラーの生家について、ネオナチの聖地になるのを阻止するため、取り壊す方針を明らかにした。

 ウォルフガング・ソボトカ内相は同国日刊紙プレッセに対し、「ヒトラーの家は取り壊される。基礎は残るかもしれないが、新しい建物が建設され、慈善団体か地元自治体によって使用される」と説明。

「いずれにせよ、今後アドルフ・ヒトラーとの関係はなくなる。そうでなければ、生家の神話が残ってしまうからだ」と述べた。

 政府には建物を取り壊すことで、ヒトラーの生家をめぐる苦悩の日々に幕を引きたいという願いがある。

 ヒトラーは1889年4月20日、ザルツブルガー・フォアシュタット通り15番地の交差点の角に立つこの黄色い3階建ての住宅に生まれた。この家で過ごしたのは生後5週間だけだったが、世界中のナチス共感者が集まり建物の前でヒトラー式敬礼をする場となっている。

 オーストリア政府は1970年代に建物所有者と賃貸借契約を結び、この家を障害者支援施設に作り替えたが、5年前に所有者が改装工事の許可を拒否したことから、この契約は突如として終わりを迎えた。

 所有者はさらに、内務省による買収案も拒否。政府は今年7月、国による建物の強制収容を決めた。内務省によると、強制収容法案は今週中に議会での審議が始まり、年末までに施行される可能性がある。

■「ナチス聖地」の地位に地元も反感

 建物の前には、「平和と自由、民主主義のために。ファシズムを二度と繰り返してはならない。数百万人の死者が警告する」という言葉が刻まれた石碑が立っている。

 毎年ヒトラーの誕生日には建物周辺で反ファシストの抗議行動も展開されるが、地元住民はこのような形で注目されることに憤慨すると同時に、自分たちの町がゴシック様式の建築物や美しい川のある土地としてではなく、世界で最も忌み嫌われる政治家の一人が生まれた場所として有名になっていることに反感を持っている。

 AFPが昨年取材した地元当局者は、「ここの人々はこのような汚名を着せられるに値しない。ブラウナウの唯一の罪は、ヒトラー誕生の場となったことだ」と話していた。【翻訳編集】AFPBB News

オリジナルサイトで読む
AFPBB Newsチャンネルを追加
 

読み取りが「正確過ぎる」名刺アプリ『Eight』

広告Eight
4.2 インストール
おすすめ
ヒトラーをたたえた伝記、本人が自作か 英歴史家が指摘ナチス暗号機をイーベイで発見、1600円で落札 英博物館外壁屋根塗装は業者選びが大切!大事なのは適正価格。

広告ヌリカエ
フィリピン大統領、自身をヒトラーになぞらえ「喜んで虐殺する」「戦争の残虐性どこまで伝えるべきか」報道写真家らが議論 仏トランプ氏わいせつ疑惑、新たに2女性が被害訴え