読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることを諦めないこと

本当の言葉を書きます

篠原涼子ポスターのインパクト

ノーギャラで恩返し、篠原涼子モデルの斬新すぎるポスター
週刊女性6月9日号

2015/5/26



 人気女優・篠原涼子がモデルを務めている、群馬県桐生市の観光ポスターが話題を集めている。「(問い合わせの電話に)よくぞ、という思いです。反響は数字にも表れていまして、観光協会Facebookは2万人以上が閲覧。そして市役所のHPへのアクセスも3万件を超えまして、これも市のHP始まって以来の高アクセス数で、それぞれが最高記録になりました。市民のみなさんにも喜んでいただいていて、“よくやった!”との声もいただいています」(桐生市役所・観光交流課担当者)

 東京・東銀座の歌舞伎座前に店を構える群馬県のアンテナショップ『ぐんまちゃん家』内にも、貼られているこのポスター。各市の観光案内ポスターが並ぶ中で、それは確かに異彩を放っている。

「大胆に肩を出して黒いドレスを着た篠原涼子さんが、まっすぐカメラ目線でポーズ。新ファッション誌の創刊か、はたまた化粧品など新商品広告かと思いましたよ。ところがローマ字でブランド名のように『KIRYU』、そして小さく《桐生市》ですからね。そこで初めて桐生市のポスターだとわかりました」(広告代理店関係者)

 ポスターにはさらに小さく《桐生市観光大使 篠原涼子》とある。それにしても観光誘致ポスターというのは、名所や食べ物、特産品などの写真や、街の売りを説明する文章など、情報を詰め込んだものが一般的だ。

 桐生市はなぜ、ファッション誌のようなポスターになったのか。

「当初は織物工場ののこぎり屋根ははずせない、発祥地と言われるソースかつ丼を載せてはとか、幅が広いひもかわうどんも……などいろいろな声もあったのですが、ありきたりのものではダメだと。あえて情報をすべてそぎ落として、『KIRYU』という文字と篠原涼子さんの魅力を全面的に打ち出しました。そして桐生市は織物の町なので、下に少しだけ帯の柄を入れて。あとは “どんな町なんだろう?”とウェブ上で調べていただいて、見た人の思いによって情報を導くような、ポスターはそんな“入り口”として位置づけました」(前出の担当者)

 しかもこのポスターは“本物”の如く、かなり本気の作りとなっている。プロカメラマンの渡辺達生氏が写真を撮り、SMAPを担当するスタイリストも参加。 篠原サイドの協力のもと、企業広告であったならば本来数千万円はかかるであろう撮影態勢だ。

「予算のほうは300万円だったんですけど、A1とB1サイズ、モノクロとカラーそれぞれ1500枚ずつ、4パターンで計6000枚刷りました。篠原さん自身はノーギャラで出ていただいています」(前出・担当者)

 これも彼女の地元愛がなせるワザか、トッププロたちが集まった現場が、ポスター用紙と印刷代だけであろう300万円で収まったのだとか。

「彼女としては自分を育ててもらった、桐生市への恩返しの意味も込めて協力しているのでしょう。’10 年に同市に住んでいた最愛のお父さんが亡くなりましたが、以降も毎年のように市村正親さんら家族と里帰りをしているみたいですね。父と芸能界を目指した場所でもある桐生は、今も彼女の支えになっているのでしょう」(芸能プロ関係者)

 同市は今後、こんな計画も検討中だという。

「問い合わせが殺到している状態でして、ポスターを掲示してくれることを条件としまして、市内に限定せずに全国公募といいましょうか、欲しい方に差し上げようかと企画しているところです。6月くらいになるかと思いますが、全国から応募してモノクロとカラー両方100枚ずつでどうかと検討しています」

この記事が気に入ったら
週刊女性PRIMEに
いいね/フォローしよう









non-no専属モデルでブレイク目前の若手女優・新木優子の魅力はこの笑顔とスタイル! 黒柳徹子だけじゃない! SNSにドハマりするシニア芸能人が続々出現 女優志望ではなかった芳根京子、芸能界入りのキッカケを作ったのは超意外な人 朝ドラでヒロイン以外の女優もブレイクする理由「オーディション方法が変化」 帰路についたのは4時過ぎ!『真田丸』の打ち上げはドラマさながらの盛り上がり 石原さとみシン・ゴジラ』スタッフ打ち上げにゲスト参加も開始30分で即退出のワケ

オススメ記事
 

ランキング
新着
TOPICS
 
女優志望ではなかった芳根京子、芸能界入りのキッカケを作ったのは超意外な人 帰路についたのは4時過ぎ!『真田丸』の打ち上げはドラマさながらの盛り上がり りゅうちぇる、ぺことの交際記念日に深夜帰宅! ビジネスカップル説の真相を直撃 二宮和也大野智、嵐の新アルバム売れ行き鈍化はふたりの熱愛スキャンダルが原因か 朝ドラでヒロイン以外の女優もブレイクする理由「オーディション方法が変化」 「できることなら計算であってほしくない」と番組スタッフが思う出川哲朗の言葉とは 有名人の年末ディナーショーのチケット料金ランキング2016、最高額はやっぱりアノ人! 愛子さま、"激ヤセ"の原因は「公務の重圧」かダイエットによる「拒食症」か 三笠宮さまのご心労になっていた長男・寬仁さまの「DV」と信子妃と彬子さまの「対立」
注目のキーワード
アラフォー
結婚
おひとり様
婚活
アラサー
カップル
雅子さま
直撃
皇太子さま

元鉄道員が告白、人身事故の凄惨な現場と鼻に残るアノ臭い「どうせなら別の場所で」 愛子さま、"激ヤセ"の原因は「公務の重圧」かダイエットによる「拒食症」か 日本人にいちばん多い誕生日はアノ日だった 病的に片づけられない“汚部屋オンナ”に多い職種と性格とは '16年版「嫌いなジャニーズ」トップにはやっぱりあの人 住宅街に響き渡る東出昌大と杏の声が近隣住民の間で話題に 眞子さま、ガッチリ体型のイケメンと横浜デート後に東横線でラブラブなご様子 汚部屋オンナの恐怖の実録「1000本の“しょんペット”」&「ゴミの圧で壁に大穴」 '16年版「嫌いなジャニ」部門 16〜30位に名を連ねたメンバーたち











 

カテゴリー
芸能
ジャニーズ
社会
話題
特集・シリーズ
当サイトについて
主婦と生活社
採用情報
お問い合わせ
広告掲載
サイトポリシー
免責
著作権
個人情報

COPYRIGHT © SHUFU TO SEIKATSU SHA CO.,LTD. All rights reserved.