読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きることを諦めないこと

本当の言葉を書きます

日本と思えぬ獄死

<法医学教授>「勾留中に暴行死の疑い」奈良県警を告発
毎日新聞

11月15日 10時56分|Yahoo!ニュース
Twitter
Facebook
LINE
 2010年2月に奈良県警が逮捕し、勾留中に死亡した男性医師(当時54歳)について、司法解剖結果などを調べた出羽厚二・岩手医大教授(法医学)が15日、遺体の状況から取り調べの際に暴行を受けた可能性があるとして、特別公務員暴行陵虐致死容疑で県警に告発状を提出した。容疑者は不詳とし、特定していない。

 男性医師は、医療法人雄山会「山本病院」(奈良県大和郡山市、廃院)で06年に起きた男性患者死亡事件を巡り、業務上過失致死容疑で10年2月6日に逮捕された。県警桜井署で勾留中の同25日に死亡し、司法解剖で死因は急性心筋梗塞(こうそく)とされた。

 告発状で出羽教授は、解剖結果では男性医師の遺体の足や頭などに皮下出血があり、打撲傷だと指摘。取り調べ中に暴行を受けた傷が原因で腎不全などを発症し、死亡したと訴えている。

 医師の遺族は13年2月、県警が勾留中に適切な治療を怠ったなどとして県に約9700万円の損害賠償を求めて提訴し、奈良地裁で係争中。出羽教授は、07年の大相撲時津風部屋の力士暴行死事件で、力士を解剖して「多発外傷によるショック死」と鑑定し、当初病死とした愛知県警の判断を覆したことで知られ、今回は遺族側の依頼で調査した。

 民事訴訟奈良県側は「暴行は一切ない。足の出血は留置場で座る際に床で打ったことが原因」などと主張している。【塩路佳子】
関連記事
たばこ脱税5300万円、経営の容疑者告発
東京地裁「痴漢で勾留」原則認めず 「解雇の恐れ」考慮
死刑囚の生活空間公開「その日」までの生 「スタミナ焼き」人気
覚醒剤取り調べ中の女、証拠品盗難の疑い 大阪の留置施設
まんがで分かる 取り調べが見える?の巻
最終更新:11月15日 11時53分

(C)毎日新聞/毎日新聞社